物件におけるチェックすべきとこ

では、不動産投資をする前にチェックしておくべきことは何かと言いますと、いわゆる商品になる物件についていくつかあります。 収益物件についての情報は「売買(販売)図面」が不動産会社から送られてきますので、その資料の中からチェックすべき点をいくつかご紹介します。 まず、「場所・所在地」はしっかり見ておきましょう。 不動産の取引の場合、「住居表示」と「地番」の2種類の表示があります。 住居表示は一般的な住所のことですが、地番は一般的には使われていませんので、地番だけしか書かれていない時は住居表示を必ず聞いておかないと実際に現地に行った時に迷ってしまいます。 次に、「売買価格」で、これは見ておきたいポイントではないでしょうか。 これは、土地と建物を合わせた「売主が希望する」価格が表示されています。 例えば、売主が「早くこの物件を売ってしまいたい」と急いでいる場合は予算と合わなくとも妥協するケースがありますので、気に入った物件がある時は遠慮なく不動産会社に相談するとよいでしょう。 また、月にどのくらいの家賃収入があるのかも気になる部分でありチェックしておくべき点です。 空き部屋はどのくらいあって、満室時の収入はどのくらいなのかをきちんと確認しておきましょう。 住宅情報誌やインターネットで周辺の相場を見ておくと尚よいでしょう。 土地の面積や権利についても見ておきたい点の一つです。 権利については「所有権」なのか「借地権」なのかしっかり確認しておくべきでしょう。 借地権は土地と建物の所有者が別々で、建物の所有者が土地を借りているということです。 こちらの物件の場合、利回りは高くなってくるのですが、銀行融資も難しく更に地主との法律的な関係が発生するので、初心者は避けた方が無難でしょう。 そして、建物の面積や構造、築年数、1部屋あたりの面積も重要なチェックポイントとなります。 こういったポイントをチェックしていくことにより、より物件の細かな部分も見えてきますし、自分にとってどうすればよいのかも見えてくるでしょう。

このページのトップへ