不動産投資で失敗したくない

せっかく投資をやるのですから、失敗はしたくないですよね。 成功させるコツを少し見てみましょう。 まずは、不動産投資の為に、自分自身でもある程度は知識を持っておくと安心も出来ますし必要ではありますが、専門家とのパイプを持って、何かあった時に相談出来る様な状態にしておけばよいのです。 では、その必要な専門家というのはどんな専門家が必要かというと、まずは「司法書士」がすぐ必要となってきます。 不動産を購入して、所有権を移転する「登記」はこの司法書士に依頼をするのですが、知り合いの司法書士がいない場合は不動産会社に紹介してもらうことも出来ます。 この登記の関係は、通常司法書士に相談することになります。 「税理士」も可能ならば繋がっておきたい専門家です。 不動産を購入し、家賃収入を得ることになれば、毎年3月には確定申告をしなければなりませんし、それ以前にも投資用不動産を法人と個人どちらで買った方がいいのか等の最適な方法を見付けるための相談相手にもなりますので身近にいると心強い存在です。 また、土地に関することについては「土地家屋調査士」が必要です。 こちらは土地を購入したり、建物を建てたり、その建物を登録する時などに関わり、測量や申請手続きなどの法律の専門家です。 そして、金銭的なトラブルを全般的に解決してくれるのが弁護士となります。 これらの専門家には気になったことはとにかく相談するとよいですし、不動産投資家の先輩も情報交換や相談に乗ってくれると思いますので、そういう人とも繋がっておくとよいでしょう。 物件のリフォームについてもコツがあります。 購入時や入居者の入れ替えがあった際、専門の工事会社に依頼するのですが、不動産会社に任せっぱなしにしてしまうとリフォーム代も云われたままに払わないといけませんよね。 ここで大切なのは「あらかじめ、かかってくる可能性のある費用は購入前に算出しておく」ということです。 こういった点が、不動産投資を成功させるコツになってきます。

このページのトップへ