資金はどれくらいを

2014.10.12

不動産投資のリスクやメリットを知っていても、具体的にどのくらいの自己資金が必要で、どのくらい収益があがるのかが分らないと踏み出せない部分がありますよね。 たとえばですが、最初の自己資金を170万円として30年かけてローンを完済する場合、20~30代で自己資金が少ない人でも、気軽に始められて高利回りで運用することができるのです。 また、自己資金0円での不動産投資も条件によっては不可能ではありません。 金融資産を不動産経営で運用した時、最初に据え置く現金は設定条件が「スタート時資金(別途諸費用)170万円」「月々の費用(家賃の収入で充当可能)」「ローン金額(1530万円、30年で返済されるので無借金になる)」というパフォーマンスになりますので、計算すると、ローンが完済されたあとにはスタート資金が年率45.37%の高利回りで運用されることになるのです。 色々な方法等と比較してみて、何が一番自分に合っているのか、どれがやり易いのか見極めていき、自分に合ったやり方を見付けてみて下さいね。

このページのトップへ