不動産投資の人気?

2014.09.07

不動産投資は他の投資と比べるとどんなメリットがあるのかと思われる方も居ると思います。 定期預金と比べるとそれが本当に低リスクな金融商品なのかどうかが見えてくると思います。 定期預金には元本が減らないという最大のメリットがありますが、そのメリットもインフレの前では崩れてしまいます。 不動産投資というのは確かにリスクはありますが、「現金を生む本物の資産」というのが定期預金と大きく異なる部分となっており、毎月の家賃収入もありますし、万が一大きなお金が必要になった場合は物件を売却してしまえばいいのです。 例えば、1000万円の中古ワンルームを持っていた場合、手取りの利回りを考えると毎月5万円の家賃が収入になります。 3子戸あれば15万円、公的年金の20万円とあわせて35万円程度になりますので十分に余裕のある生活ができ、安定して収入が入ってきます。 それに、不動産は実需がある衣食住の一つの内の「住」ですので、不況が続いても安定して収入が入ってくるというのが他の金融商品にはない特長であり強みでもあるのです。 こういった部分が不動産投資のメリットになります。

このページのトップへ