不動産物件を持つこととは

「不動産投資をやるのはいいけれど、そのメリットってなんだろう」と思われる方も居ると思いますので、少し見ていきたいと思います。 投資、と聞くとどうしてもリスクを考えてしまいますよね。 長い目で見ると、定期預金等の方がいいのではないかと思いますが、定期預金が本当に低リスクな金融商品なのかどうかを考えてみます。 老後の為の貯金で、それを崩して生活していくのが一般的な老後の生活かと思いますが、目に見えて減っていく貯金を気にしながらの生活は精神的にもかなりの負担となります。 仮に1500万円の貯金があったとしても、月の収入が年金の20万円しかなければその範囲内で生活していく人がほとんどだと思います。 病気や怪我もいつなるかわかりませんし、それ以外でもまとまったお金が必要になる時があるかもしれませんので、余程の貯金がない限りは残りを気にせずに過ごすなんて出来ないはずです。 収入がなくなってしまえば、貯金があっても気軽に出掛けることも出来なくなってしまいますよね。 しかも、日銀が1%の物価上昇率を目指して金融緩和を推進していくなんて発表もありましたので、元本は減らないという最大メリットがあっても、ひとたびインフレが起きてしまったら減っていく一方なのです。 では、この不動産投資というのはどうかといいますと、確かにリスクはありますが、「現金を生む本物の資産」というのが定期預金と大きく異なる部分です。 毎月、家賃収入もありますし、万が一大きなお金が必要になった場合は売却してしまえばいいのです。 例えばですが、1000万円の中古ワンルームを持っていた場合、手取りの利回りは6%程ですので、毎月5万円の家賃が収入になります。 3子戸あれば15万円、公的年金の20万円とあわせて35万円程度になりますので十分に余裕のある生活ができ、安定して収入が入ってきますので使い切ってもいいのです。 それに、不動産は実需がある衣食住の一つの内の「住」ですので、不況が続いても安定して収入が入ってくるというのが他の金融商品にはない特長であり強みでもあるのです。 こういった部分が不動産投資のメリットになります。

このページのトップへ